加齢によるまつ毛への影響とその予防

若い年齢層の女性は、ビューラーで簡単にまつ毛を上向きにできて、濃くてボリュームもあるので若々しさが強調されます。
しかし加齢によってボリュームダウンし、抜けやすくなったり細くなったりします。
女性の2人に一人はまつ毛への影響を悩んでいます。
さらに50代の女性の約9割は加齢がまつ毛に与える影響を実感しています。
加齢によって新陳代謝が衰えることがまつ毛に悪影響を及ぼしています。
若い頃と比べて新陳代謝機能が低下すると、まず最初に肌にトラブルが起こります。
たるみやシミが目立つようになり、その後まつ毛や眉毛に影響が出ます。
脱毛や毛表面のダメージによって、ビューラーで上向きにしてマスカラを使っても、ボリュームが足りないので、実際より老けて見られがちです。
加齢に負けずにまつ毛を健康的に保つには、栄養のある食事を摂ることです。
海藻類は頭髪にも良い影響を与えます。
それだけでは十分なカロリーが摂取できないので、タンパク質もしっかりと食事に取り入れます。
肉や魚、卵、大豆、乳製品に多く含まれるタンパク質は、人間の体を形成するために必要不可欠なアミノ酸を含有しているので、毎日食べるようにします。
また、ビタミンEが豊富なアーモンドなどのナッツ類や玄米、胚芽米は、脱毛予防に効果的です。
米や小麦、ニンニクなどに多く含まれる必須アミノ酸が体内では作ることができないので、意識して積極的に摂取します。
さらに最近ゴマが注目を浴びています。
ゴマにはLシスチンが多く含まれています。
Lシスチンは毛を作るために必要なアミノ酸です。
また、タンパク質や鉄、銅、亜鉛、カルシウム、各種ビタミンを豊富に含んでおり、まつ毛の育成には欠かせません。